野山が芽吹き、春の花が咲き乱れる季節。
万世閣の各館料理長が選りすぐりの食材をつかい、
それぞれ趣向を凝らした「膳」を通して季節の味をお届けいたします。
今回のメイン食材は北海道の鯛とも言われる高級魚「真そい」を祝いの宴に相応しい姿盛りで、
さらに地中海産の「天然本鮪大とろ」等豪華に盛り込みました。
四国宇和島からは饗宴の膳で初めて登場する「こぶ鯛」を。
ほかにも愛媛産の「細魚」や北海道の「大鮃」、寒さで旨みを凝縮させた「寒干し真鱈」、「オホーツク網走黒毛和牛」、
脇を固めるのは、京都産の「つくね芋」、青森産「黒にんにく」。デザートには「春どり苺」。
最高級の食材に当館が誇る調理人の技が光る贅を尽くした祝いの膳、ぜひお楽しみください。